投稿

前週に引き続き8月27日に、2022年8月4日からの豪雨で被害を受けた新潟県村上市にて災害ボランティア活動を実施中の「災害ボランティア愛・知・人」さんのチームに加わり、災害ボランティア活動に参加しました。
村上市では、今回の豪雨で床上浸水約580件、床下浸水約800件と非常に大きな被害を受けています。

今回は、坂町での活動です。
この地域でも、増水した用水路からの溢水が発生したようでした。当日はあっという間に水位が上がっていき、あたり一面海のようになったそうです。
報道の写真等を見ても、かなり広いエリアが茶色い水におおわれている様子が見て取れました。

今回の作業は、床上浸水したお宅の床下の泥を取り除く作業の準備のための、床板剥がしでした。
このお宅では、リビングやキッチンの出窓の下、写真で壁が崩されているあたりの下まで水がきたそうです。

最初に作業した部屋は、床板を打ち付けている釘を抜き、なるべく床板を生かした状態で床板を外していきました。
部屋の端の方は、床板にしっかり釘が打ち付けてあったこともあり少し苦戦しましたが、無事全ての床板を外すことできました。
 

リビングとキッチンでは、カッターできっかけを作ったところから、バールでどんどん床板を剥がしていきます。
大工さんが非常に丁寧な仕事をされており、床板がきっちり嵌め込まれていた上、建築用ボンドでしっかり固定されていたため、床板を剥がすのにかなり苦労しました。
また、床板を剥がす前には、洗面台やシステムキッチンも撤去しました。
システムキッチンの裏側もかなりのカビだったそうで、崩した壁の裏の断熱材のグラスウールも、未だにかなりの水を含んでいたそうです。
かなり苦労しましたが、午後から応援部隊が加わったこともあって、その日のうちに1階の床板を剥がしきることができました(おかげで、翌日以降の筋肉痛がすごいことになりましたが…笑)。

床板を剥がしたところから、カビの温床になりうる泥だらけの断熱材も外していきました。
その後、根太の釘を抜いていきました。

剥がした床板の下には、かなりの泥が溜まっていることがわかります。
ですが、今回床板を剥いだことで、これからの泥出しや、大工さんの作業をよりスムーズに進めることができるようになると思います。
作業の間、家主さんもずっと作業を手伝ってくださり、冷たい飲み物の差し入れもいただき、非常に助かりました。

村上市では発災から一ヶ月が経とうとしていますが、まだまだたくさんのニーズが残っており、雪の季節になる前にニーズを片付けるべく、愛・知・人さんや様々なNPO団体さんやボランティアセンターの方々、県内のボランティアの方々が懸命に活動を続けていますが、人手が足りない状況が続いています。
チーム・ユニコンとしても少しでも助けになれるよう、できるだけ頻繁に村上市での活動に加わろうと考え、9月にも週末を中心に活動を計画しております。

今週は防災週間です。
今年も7月、8月と各地で大きな水害が発生し、大きな被害を受けています。また、非常に強い勢力の台風も近づいてきています。
少しでも台風による被害が小さいことを祈る一方で、今や、災害はどこで起きてもおかしくないと実感します。
我々も、少しでも防災・減災に向けて準備を進めていく必要があると思います。

防災週間も後半ではありますが、チーム・ユニコンのブログもこのタイミングでできるだけアップしていきたいと思います。

2022年8月4日からの豪雨で被害を受けた新潟県村上市にて災害ボランティア活動を実施中の「災害ボランティア愛・知・人」さんのチームに加わり、8月20日、21日に災害ボランティア活動に参加しました。
(活動にあたって、参加者は事前にPCR検査を受け、陰性であることを確認しております。)
村上市では、今回の豪雨で床上浸水約580件、床下浸水約800件と非常に大きな被害を受けています。

活動したのは平林地区のお宅です。
こちらでは、増水した用水路の水が、同じく増水した荒川に流れ込むことができなかったことから、荒川は溢水しなかったものの、用水路が溢水してしまったそうです。
作業したお宅でも床下まで浸水したとのことで、床下にはかなりの量の泥が溜まっていました。
一方で、この地区では荒川の水位がある程度上がると用水路が溢れることがわかっており、早めの避難をしたことで人的な被害は無かったそうです。

今回は、床下に溜まった泥を水で薄めながら、バキュームしていく作業を実施しました。
まず、洗浄時になるべく他のところを汚さないよう、壁や床、根太や大引に養生をしていきます。
養生が終わったら、溜まっている泥を水で薄め、それをバキュームで吸っていきます。
  
(今回のブログの写真は、愛・知・人さんが撮影したものを、掲載許可を頂いた上で掲載しております。いつもありがとうございます!)

床板を剥いでいない部屋は、床下に潜りって同じ作業を行います。
床下には全体的に1〜2cmの泥が溜まっていました。
母屋全体の基礎に傾斜がついていたことで苦戦し、作業が終わった頃には、全身泥水まみれになっていました。。。
 

自分は20日のみの活動でしたが、結局この日で作業が終わらず、残ったメンバーが21日も活動を継続し、作業を完了することができたそうです。

周辺も広範囲で浸水したそうで、近所の神社にも泥が大量に溜まっており、被害の大きさを感じました。

前述の通り、村上市では今回の豪雨で大きな被害を受けていますが、一方で、この地域は冬になると降雪が多いため、それまでにできる限りニーズに対応する必要があります。
時間のない中、愛・知・人さんや様々なNPO団体の方々、県内のボランティアの方々が懸命に復旧作業を進めていますが、人手が足りていないのが現状です。
チーム・ユニコンとしても少しでも助けになれるよう、できるだけ頻繁に村上市での活動に加わろうと考えています。

なお、村上市の災害ボランティアセンターでもこれまでに作成した医療用ガウンのサンプルをお渡ししており、クラスター発生などのニーズが発生した場合には、まとまった数を現地にお送りできることをお伝えしております。

2022年7月14日からの豪雨で被害を受けた宮城県では、登米市、松島町、大崎市で災害ボランティアセンターが立ち上がっていました。
チーム・ユニコンでもお手伝いできることがないか、7/30-31に現地を訪れ、確認してきました。

登米市では迫町、東和町などで浸水の被害を受けたそうです。
ボランティアセンターが開設されていた東和地域福祉センター周辺も浸水し、福祉センターや隣の総合支所だけが離れ小島のようになったとのことです。
駐車場にあった電気自動車の充電スポットも浸水で故障し、修理の真っ最中でした。
東和地域福祉センター周辺
奥に向かって低くなっていて、その辺り一体が浸水したよう。

二股川1 二股川2
二股川の写真です。小さい川ながら、引っ掛かっている枝等をみると、かなりの高さまで水位が上がったことが想像できます(特に2枚目の写真)。

ニーズについてはほぼ片付いているということで、ボランティアセンター自体は8/1でクローズし、残りのニーズは社協さんで対応されるということでした。

松島町は、浸水に加えて土砂崩れの被害も大きかったそうです。
こちらも、ニーズは7/30-31の週末でほぼ片づきそうとのことでした。
海に近いところでは冠水があったそうで、ふくらはぎの半分くらいの高さまで水がきたエリアもあったとのことでした。

大崎市鹿島台では、周辺の吉田川や鶴田川が決壊することはなかったものの、品井沼遊水池一帯での浸水があったようですが、既にニーズが片付いたということで、ボランティアセンターは撤収済みとのことでした。

大崎市古川では、矢目地区の名蓋川が決壊し、広範囲での浸水があったようです。
実際に堤防にブルーシートがかけられたところもありました。
名蓋川による水害は、2015年9月の関東・東北豪雨、2019年10月の台風19号、今回と、立て続けに起こっているそうです。
名蓋川1 名蓋川2

こちらも7/30-31の活動でほぼニーズが片付くとのことで、8/1の週まで窓口として災害ボランティアセンターは開いておくものの、活動はほとんどないとのことでした。
また、岩出山の方では土砂崩れの被害が大きかったようです。
もともと岩出山城周辺は崖崩れが起きやすい場所でしたが、土留めを十分に行っていないため、大雨のたびに崩れているそうです。
今回は、崩れた土砂が堀を堰き止めたおかげで、周辺に水が溢れたそうです。
岩出山の方についても、7/30-31の週末にほぼニーズが片づきそうとのことでした。

今回訪れた宮城県の豪雨の被災地では、いずれも大きな被害を受けていたものの、これまで参加された地域ボランティアの方々や既に支援に入っているNPOさんのご尽力で、災害ボランティアセンターへ寄せられたニーズもほぼ完了し、ボランティアセンターも閉所という流れになっていました。

一方で、現在、秋田、山形、新潟、青森、石川、福井、富山など多くの地域で豪雨が発生しています。被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げるとともに、これ以上被害が大きくならないことを祈っております。
引き続き現地からの情報収集や現地調査を踏まえて、チーム・ユニコンとしてできることを探し、活動していきたいと思います。

なお、今回訪れた災害ボランティアセンターでは、これまでに作成した医療用ガウンのサンプルをお渡ししており、クラスター発生などのニーズが発生した場合には、まとまった数を現地にお送りできることをお伝えしております。

チーム・ユニコンのHPでは、四半期ごとに活動の内容をまとめたレポートをアップしています。
内容としては、活動の概要、詳細に加えて、活動に参加して頂いた方に頂いたご感想をまとめています。
今回は、医療用ガウン作成会と、福島県沖地震の被害を受けた福島県桑折町・国見町での災害ボランティア活動とがメインのトピックです。
以下のサイトにこれまでの活動記録と併せてアップしていますので、是非ご覧下さい。
https://uni-con.or.jp/blog/

2022Q2_seasonal_report

と言っている間に、各地で豪雨による被害が次々に発生しています。
その一方で、BA.5株によると思われる新型コロナウィルスの感染拡大が急激に進んでいます。
何かできることはないか、という想いがある一方、なかなか自由に動くことができない状況もあり、なんとも難しい現状ではありますが、まずは各地からの情報を収集し、チーム・ユニコンとしてできることは何かを考えて、我々ができる範囲で被災地の復旧への力になっていければと考えています。
活動の内容については、順次ブログやHPでアップしていきたいと思います。

3/16深夜に発生した福島沖地震の被害に対してチーム・ユニコンとして何ができるかを考えるため、宮城・福島の被害状況と災害ボランティアセンター等の立ち上げの状況について、3/19〜20に実際に現地を訪れて確認してきました。

初日は東北道を北上、福島県須賀川市、郡山市の災害ボランティアセンターに立ち寄った後、宮城県に入って白石市で宿泊、翌日は宮城県角田市、丸森町、山元町、福島県新地町、南相馬市を通り、常磐道を南下して東京に戻ってきました。角田市、山元町、新地町では役場や災害ボランティアセンターに立ち寄ることができました。
立ち寄ることができた災害ボランティアセンター、社会福祉協議会、役場等では、被害状況、ニーズの状況等についてお話を伺っています。
自治体によっては、外壁等の損傷は少ないものの、家財を含めて家の中がめちゃくちゃになっているというところ、ボランティアセンターを設置したもののニーズは10件程度、というところもありましたが、一方で、昨年2021年2月の福島沖地震よりも大きな被害を受けたという自治体もあり、被害の状況は様々でした。
災害ボランティアセンターが立ち上がっているところも立ち上がったばかりであり、また、これから立ち上げるところも多く、現状では拾えていないニーズが掘り起こされ、これからニーズが増えていくことが予想されます。
角田ボランティアセンター

また、移動の過程で、道路の周辺の被害も確認しました。
特に被害が大きいと感じたのは太平洋沿いのエリアで、屋根瓦が落ちたり、外壁に被害があったり、という状況を目の当たりにしました。加えて、家の中の被害も大きいそうです。
高速道路やその他の道路でも、段差ができている、ひび割れが生じている等の被害を確認しました。
被害は、内陸では宮城県・福島県の県境あたりで大きく、それ以上に太平洋側で被害が大きいように感じました。
山元町・瓦が落ちた家 山元町・道路の被害  白石付近・高速道路の段差 白石・外壁の被害 白石・壁のひび割れ 白石・階段の被害 白石・地震の被害と思われるアスファルトのひび割れ 白石・陸橋の段差

また、新幹線の脱線現場も我々が宿泊したホテルのすぐ近くでしたが、JR東日本の方々が撤去作業を開始されていました。発災直後にも関わらず大変な作業に従事されていること、本当に頭の下がる思いです。
白石・脱線した新幹線

コロナ禍の現状を踏まえて、基本的には周辺にお住まいの方々からボランティアを募り、災害からの復興・復旧を目指していくというスタンスの自治体が多いですが、やはり、要支援者の方々からのニーズを掘り起こしていく中で、需要と供給のアンマッチが生じる可能性がありますし、すでに地域を限定せずにボランティアの募集をかけている自治体もあります。
昨年同様、チーム・ユニコンとしても何かのお役に立てる場面が生じる場面が生じるのではと思います。今回の調査を通じて構築したパイプをもとに、これからも引き続き情報収集を続け、チーム・ユニコンにできる支援を考えていきたいと思います。
直近では、GWあたりにまとまった形での支援ができればと考えていますが、今後の活動予定について具体的に決まり次第、HPやこのブログで共有していきたいと考えておりますので、ご確認いただければ幸いです。

少し報告が遅くなってしまいましたが、チーム・ユニコンも参加していた3/11〜13に日比谷公園にて開催されたピースオンアースは、無事終了しました。
3日間とも良い天気で、特に土日は半袖で十分なくらいの陽気でした。

3日目となる3/13には、トークステージにて青空朗読会を開催しました。
事前に、セカンドステージでチーム・ユニコンと朗読会の紹介をさせていただきました。

朗読会では、以前お伝えしました通り、関西学院大学社会学部 金菱清教授が東北大学院大学で教鞭をとっていらした当時にゼミの生徒さんたちと編纂した「東北学院大学震災の記録プロジェクト」の著書のうちの、以下の2作品を朗読しました。

『私の夢まで、会いに来てくれた』(朝日新聞出版)
3・11慟哭の記録』(新曜社)
朗読会で読んだ本たち

朗読していただいたのは、松岡美桔さん、石川シンさん、鈴木隆さんです。

松岡美桔さん


石川シンさん


鈴木隆さん

我々がテレビで見る映像等も非常に衝撃的ではありますが、実際に体験された方の手記はそれらとは比較にならないほど生々しく、心に重く残ります。
また、映像では流されない部分が手記には残されており、実際に起こっていたけれども自分達が想像できていなかったことを知ることができます。
それらを役者さんたちが言葉にすることで、文章を読んだ時とは違った印象を受けたり、より生々しく情景が想像できたり、伝える人が間に入ることでより想いが伝わるように感じました。

手記を読む方によっても文章から受ける印象も変わると思いますし、それを言葉にする方によっても、きっと伝わるものも変わってくると思います。
今回は準備期間の関係で実現できませんでしたが、来年も朗読会を開催し、より多くの方に本書籍を手に取っていただき、ご自分で読みたいと思うものを選んでいただき、読んでいただける場を作りたいと考えています。

震災から11年、多かれ少なかれ記憶は風化してきています。
このようなイベントを通して、震災の記憶を繋いでいき、それを今後の防災・減災に少しでも繋げていくことができればと思います。

一方で、嬉しいこともありました。
ユニコンの隣には、VOAR LUZ(ボラアズ)さんがブースを開いていました。
チーム・ユニコンの右側、イチゴの大きな看板が目印でした。
ピースオンアース・ブース周辺
VOAR LUZさんは、気仙沼で、来たる高齢者社会に向けたビジネスの推進や、『みつける』『ひきだし』『つなぐ』をテーマに多くの魅力あるモノ・コトの情報の発信や販売をされているそうです。
今回も、気仙沼市階上地区で採れたイチゴや、気仙沼の名産品を販売されていました。
そこで、東日本大震災後のボランティア活動でお世話になった方のご家族にお会いできました。
イチゴも、我々が活動していたエリアで生産されたものでした。
前身のチーム・ユニオン時代から続けてきた活動で繋がったご縁をこのような場所で感じることができ、とても嬉しく思いました。
今年こそは気仙沼に行かないと!

東日本大震災以降、地震や水害、多くの災害が日本中で起き、起きました。
3.11だけに拘るのも、という意見もあるのではと思います。
とはいえ、未曾有の大災害であった東日本大震災を3.11に思い出す事をきっかけに、他にも色々な災害があったことを思い出し、防災・減災について考える機会となれば良いのかなと思います。
 

そして、3/16に東北地方で大きな地震がありました。
チーム・ユニコンとしてもできることがないか考えるため、3/19〜20に現地の状況も調査してきました。
その結果や、これから収集する情報をもとに、チーム・ユニコンにできる支援を考えていきたいと思います。
活動の予定についてはHPや本ブログでお知らせしていきますので、ご確認いただき、ご興味がございましたら問い合わせフォームからお問い合わせください。

昨日、3月16日深夜、東北地方を震源にした大きな地震が発生しました。
我が家も長く揺れが続き、自分もかなり不安になりましたが、東北ではより強い揺れが発生し、実際に被害にあった方も多いと思います。
現状、被害の全貌が必ずしもわかっていない状況ではありますが、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、また、負傷された方の早期の回復をお祈り申し上げるとともに、このブログを読まれた皆様がご無事に過ごされていることを願っております。

チーム・ユニコンでも、現在、関連する情報を集めております。
それを踏まえて、自分たちにできることがないか、現地調査の実施も考えております。
情報がまとまったところで、自分たちにできることと、必要な活動が何かを考えた上で、被災地に求められている活動を実施していきたいと考えています。
皆様の方でも何か情報がありましたら、是非ご共有ください。

今後の活動については、HPや本ブログでお知らせしてしていきたいと思いますので、ご確認いただければと思います。

また、今回の地震で被害が小さかった地域でも、いつこのような災害が起きるかわからない、ということを踏まえて、普段からの災害に対する備蓄等について目を向けていただければ嬉しいです。
自分も改めて身の回りの防災・減災について考えていきたいと思います。

昨日の3.11から日比谷公園で開催されているピースオンアースに、チームユニコンも参加しています。
今日はとても良い天気で、むしろ暑いくらいの気温の中、楽しくブースの運営を行いました。

ブースはこんな感じです。場所は、第二花壇の近くの6番です。

ブースの中には、これまでの活動報告やボランティアに関係する資料、今作成している医療用ガウンやフェイスシールド、そして明日の朗読会で朗読する書籍等を置いています。
いろいろな資料がありますので、お越しの際には是非ゆっくり見ていただければと思います。
書籍は、ブースの外に設置したテーブルや、ピクニックシートの上でゆっくり読んでいただいくこともできます。きっと明日も天気が良いので、のんびりと過ごしてください。
  

今日は、東日本大震災以降、ボランティアに参加できなくても、現地に旅行に行ったり、買い物をしたり、現地の方々といろいろなお話をしたりされた方や、災害ボランティアというものに興味を持っていただけた方、様々な方がブースを訪れてくれました。
様々な話を聞いて、自分が知らなかったことを教えていただけたり、新たな気づきがあったりしました。
このような活動から人の繋がりが広がってくことは、とても嬉しいことだなと思います。
また、震災からの自分達の人の繋がり、というものにも改めて気付かされることもありました。

ユニコンの周りにも、様々なブースが出展しています。
向かいのブースでは、小学生の子供たちが中心に、オーガニックコットンか、あるいはフェアトレード(購入により途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動)のコットンのバックを選び、世界に一つしかないエコバックを作る、というワークショップが開催されていました。
エコ、環境、SDGs、貧困といったキーワードをもとに活動されているそうです。
自分もフェアトレードのエコバックに、用意して頂いた型紙をもとに、こんなエコバックを作ってみました。
絵心はないですが、なんとなーくそれっぽい出来上がりになりました!(独創性がないというツッコミも受けましたが…)

また、第二花壇の近くでは、311本の旗がはためいています。
その中でイベントも開催されています。

そして、チーム・ユニコンにとっては、明日の青空朗読会が大きなイベントです。
3/13 の14:20〜14:50に、第二花壇のトークステージで開催です。
朗読する書籍は、東日本大震災の被災地で生き抜いた方の、非常にリアルな手記です。
非常に生々しい記録であり、内容も決して軽いものではありません。
とはいえ、震災から11年、記憶の風化が進んでいく中で、当時の記憶を紐解くことには大きな意味があると思います。
明日も良い天気のようです。お近くにお寄りの際、また、朗読会に興味のある方、是非ユニコンのブース、そして朗読会に立ち寄っていただけると嬉しいです。

先日お知らせしました、本日から3月13日(日)に東京・日比谷公園で開催される「ピースオンアース Peace On Earth」(HPはこちら)にて実施予定の青空朗読会につきまして、イベントの時間と場所が変更になりました。

日時:3月13日 14:20〜14:50
場所:トークステージ@第二花壇 (http://peaceonearth.jp/archives/3751)
読み手:松岡美桔、石川シン、鈴木隆

朗読するのは、関西学院大学社会学部 金菱清教授が東北大学院大学で教鞭をとっていらした当時にゼミの生徒さんたちと編纂した「東北学院大学震災の記録プロジェクト」の著書のうちの、以下の2作品です。

『私の夢まで、会いにきてくれた』(朝日新聞出版)
3・11慟哭の記録』(新曜社)

既に以前お伝えしておりましたスケジュールで予定を組まれていらしゃった方にはお詫び申し上げます。
時間・場所は変わりましたが、ご興味がございましたら、是非ご来場下さい。

また、チーム・ユニコンはブース番号6番の位置にブースを構えております。
是非覗いてみて頂ければと思います。

*ピースオンアースでは、厚生労働省の接触確認アプリであるCOCOAをアクティベートしてのご来場・ご参加を推奨しております。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

チーム・ユニコンのHPにも案内(こちらをクリック)がございますが、3月11日(金)・12日(土)・13日(日)に東京・日比谷公園で開催される「ピースオンアース Peace On Earth」(HPはこちら)に参加します!
今回はブースを構えての活動の発信に加えて、3月13日の15:40〜16:10に、2ndステージ(噴水横)にて青空朗読会を実施します。
朗読するのは、関西学院大学社会学部 金菱清教授が東北大学院大学で教鞭をとっていらした当時にゼミの生徒さんたちと編纂した「東北学院大学震災の記録プロジェクト」の著書のうちの、以下の2作品です。

『私の夢まで、会いにきてくれた』(朝日新聞出版)
3・11慟哭の記録』(新曜社)

自分も今読み進めていますが、発災直後から丹念に取材された東日本大震災の被災者の方々の生の声が収録されており、当時のことを思い出したり、いろいろなことを感じ、また、11年の年月を通して少しずつ記憶が風化していることも感じました。
発災から11年経った3月に実施する朗読会に参加して頂くことで、被災された方々や亡くなられた方々に想いをはせて頂ければと思います。

また、今年は世界で胸の痛む出来事も起きており、「Peace=平和」と名の付くこのイベントへの参加を通して、平和への想いについても考えることができればと思っています。
コロナ禍の中ではございますが、ご興味がございましたら、是非ご来場ください。