三城理事長のチームが活動した、7/22-27の熊本県人吉市での災害ボランティア活動の報告の第4弾です!
現地で活動したチームからの報告をもとにブログを書いていきたいと思います。

今回は、活動以外での現地からのレポートをお伝えします。

活動の後は、美味しいご飯に美味しいお酒!
ということで、球磨焼酎の品揃えの豊富な酒屋さん(一期屋さん)に伺ったそうです。

いろいろな限定の焼酎もたくさんあったそうですが、その中でも印象に残ったものがあったそうです。

それがこちらの写真の「リボーン人吉球磨」です。
大雨被害を受けた人吉球磨地方をを応援するもので、売り上げの一部は、被害を受けた蔵元の再建や観光施設の復興支援に使われるそうです。
被災地の美味しいお酒を買うこと、これも被災地を支援する一つの形だと思います。
 

また、TOKYO WHISKY SPIRITS COMPETITION 2021 Superior Gold Winnerの球磨のお酒もあったそうです。こちらも気になりますね。。。。

最後に、当時氾濫した球磨川の今の様子をお伝えしたいと思います。
今は穏やかに流れている球磨川ですが、未だ多くの被災物が埋まっています。

そんな中でも、西瀬橋に仮橋梁が架かっていたり、

鮎釣りの釣り人が戻ってきていたり、少しずつ復興に進んでいることも感じられました。

そんな中で、被災一年を総括する地元誌「どうぎゃん」が販売されていたそうです。
どうしても時間が経つにつれて記憶は風化していきますが、このような写真集を見て、被災したことを忘れないようにしていくことも、これから同じような災害を起こさないため、被害を小さくするために大事だと思います。

熊本県人吉市での活動報告は以上です。
しかし、残念ながら今年も多くの地域で豪雨による被害が起きています。
コロナ禍の中、県外・市外からのボランティアを受け入れない地域も多いですが、チーム・ユニコンもできる範囲でこれらの豪雨被害に対する活動を実施して行けたらと思います。

三城理事長のチームが活動した、7/22-27の熊本県人吉市での災害ボランティア活動の報告の第3弾です!
現地で活動したチームからの報告をもとにブログを書いていきたいと思います。

7/26の活動は上薩摩瀬町マッピング作業を行いました。
これは、上薩摩瀬町の民家を一軒一軒訪ね歩いて、被災から1年経った住民の方々の状況(今も住んでいるか、空き家か…)や、自宅の状況(リフォーム済みか、解体待ちか、手付かずか…)などを調べていき、地図に色を塗っていく作業です。
被災から一年が経ち、公費解体するか、リフォームするか(二
重ローンには助成は使えないなど簡単には判断できない)、あるいはそのままとするか判断しなければいけない期限となったことで、このような作業が必要となっています。


一軒一軒訪ね歩いて、状況を確認します。暑い中、大変な作業です。
既に生活や事業を再開されている方々も多数いらっしゃる中、特に川沿いの地域では、家は解体されもう戻らないご家庭、解体中の家、解体待ちの家が、町内に多数あったそうです。


確認してきた情報をもとに、マップを作成していきます。


こうして、マップが完成しました!

また、この作業は、今後のコミュニティ再生支援のためにも欠かせないものです。
新型コロナウィルス感染拡大によって、お祭りなどの年中行事や、住民の集まり、お茶会などが気軽に実施できないこともあり、被災した地域のコミュニティ再生の課題は多いのですが、「め組JAPAN」がそんな被災したコミュニティの維持・再生に向けて頑張っており、今回のチーム・ユニコンからの参加もその活動のお手伝いとなっていればと思います。

今回の人吉での活動の報告はこれでおしまいですが、次のブログでは、現在の人吉の様子について、もう少しお伝えできればと思います!

三城理事長のチームが活動した、7/22-27の熊本県人吉市での災害ボランティア活動の報告の第2弾です!
現地で活動したチームからの報告をもとにブログを書いていきたいと思います。

7/25の活動は、住宅が被害を受け、そのあと畑に転用する土地のガレキ拾いでした。
畑の被災物撤去などについては、社会福祉協議会からは手を出せない
(生業支援になってしまうので)ので、通常JAや行政などがサポートするそうです
しかし、
この区域が都市計画区域の住居地域であり、農業振興地域になっていないため、行政支援は十分に行えないとのこと。
そこで、
#め組JAPAN #災害NGO結 #熊本支援チーム #ピースボート #くまもと友救の会 #人吉市社会福祉協議会 #アーキレスキュー人吉球磨 などが声を掛け合い集まって、作業することになったそうです。

もう何日か作業を実施した後だということで、一見きれいに整地されているようにも見えますが、重機で土を掘り起こしてもらうと、どんどん人工物であるゴミが出てきたそうです。
ゴミの中でも、金属やコンクリート片などのガレキとともにやっかいなのは、プラスチックやビニールのごみだそうで、プラスチックゴミ汚染は海洋に限った問題ではない。と実感したとのことでした。

今回の作業で、ほぼほぼニーズ完了。あと一回くらい表土の浚いを行ったら、ジャガイモから植えていくそうです。


ガレキの回収作業風景。重機で掘り起こし、その中のガレキを手で集めていきます。猛暑の中の地道な作業。

翌7/26の午前中に、掘り出したガレキを軽トラで集積所まで運びました。
一つ前のブログでもお伝えしたとおり、被災物の仮置き場はガレキの山だそう。
その上、ガレキを積んだトラックが次々にやってきたそうで、未だ復旧・復興の過程にあること、日常生活に戻れない人がまだまだいらしゃること、を強く感じます。
また、一方で、このような動きから、復旧・復興への動きが本格化し、少しずつ歩みを進めていることが感じられたとのことです。


UK号も活躍しています!


集めたガレキはきちんと分別します。

人吉での活動報告、もう少し続きます!

今日は防災の日ですね。
残念ながら今年も各地で豪雨被害が起きており、この機会に住んでいる地域や職場のハザードマップや避難経路・避難所、備蓄の確認など、災害への備えを改めて確認すると良いのかなと思います。

さて、少し前になりますが、三城理事長のチームが7/22-27に熊本県人吉市にて、災害ボランティア活動に参加してきました。参加されたメンバーからのレポートをもとに、活動の内容を報告したいと思います!

チーム・ユニコンでは、軽トラUK号を所有しています。
UK号は、2019年の台風19号の水害の被害を受けた長野県の災害ボランティア活動に、一昨年より無償貸与されていました(長野市北部災害VC→め組JAPAN長野支部)。
長野での復興も進み、活用例も減って来たため、ニーズのまだまだある人吉への移送を計画しました。
そんな中で、7月1日からの大雨で静岡県東部に大きな被害があったため、まずはそちらへの貸与を優先させるべく現地に赴き、熱海市、富士市、沼津市の災害VCの状況を確認したところ、県による迅速な対応があり、資材など十分足りている為、提供の必要はないということでした

そこで、当初の予定通りUK号を人吉市に移送することになり、それに併せてオリンピック4連休からの人吉市でのボランティア活動を実施しました。

まず、7/22朝9時に川崎市を出発しUK号で人吉市をめざしました。ところが、四連休ということもあり、高速も大渋滞、10時間かけて岡山まで移動、初日はここで終了となりました。
翌7/23は10時に岡山を出発し、19時に人吉市に無事到着しました。なお、熊本県内では、ボランティア車両は高速料金が無料だったそうです。

中間地点の龍野西SAにて

7/24より、本格的に災害ボランティア活動を開始しました。
今回一緒に活動する「め組JAPAN」のメンバーと仮設公民館で合流、すぐに抗原検査を行います。活動中、抗原検査を重ねて実施、コロナ対策には万全を期します!

無事陰性を確認!

この日の活動は、2階まで浸水したお宅の壁剥がしでした。
こちらのお宅では、被災から1年、ようやくリフォームに向けた作業が始まったのことで、それに向けた作業です。
この地区は窪地ということで大雨被害がもともと想定されており、住宅が高床になっていましたが、それにも関わらず、今回の水害では2階の床上90cmまで浸水したとのこと。
周辺でも、想定浸水深度を大きく超えて2階まで浸水したお宅があったそうで、「垂直避難」した人でも、かなりの人が犠牲になったとのことです。水害の恐ろしさ、そして現状の想定を大きく超えた災害が起こりうる可能性があることを改めて認識させられます。

作業したお宅にて。


作業したお宅の2階から。今では想像するのが難しいですが、当時はここまで浸水しています。


実際に残っている泥から、2階まで泥土が押し寄せたことがわかります。


壁剥がし作業風景。


想定を大きく超える浸水があったエリア

その後、7/26の午後に、柱や壁に残ったほこりや砂を取るブラッシングの作業を実施したそうです。
二階部分にこびりついている泥を、何種類ものブラシを使いながらきれいにしていく作業です。
壁をはがしたあとの家の隙間には細かく泥が堆積しています。川からの水害の場合、砂の粒子が細かく大変な作業です。
リフォーム後も壁の間に泥が残っていると、カビの発生源になってしまいます。
今後のカビのもとになる泥を取り除く作業は、リフォームをした後、安心して住んで頂くために欠かせない作業です。
まさに、「人の手」でなくてはできない作業を、丁寧に進めて行きました。

丁寧に泥をブラッシングや吸引で取り除いていきます。


同じくカビのもとになる、濡れた断熱材も取り除きます。

被災から一年経って、ようやく、被害に遭ったお宅の公費解体やリフォームへの動きが出てきたそうです。
実際、公費解体中のお宅もあったそうです。とはいえ、まだ解体を待っているお宅も多いとのこと。

ようやくこのような動きが始まったことで、被災物の仮置き場は、被災後2~3か月後のように被災物が満載だそうです。
災害ボランティアセンターも、一年経った今も社会福祉協議会が運営しているそうです。
新型コロナウィルスの感染拡大の影響でボランティア活動を休止したり、参加者数を絞ったりしていたことで進捗が遅く、感染拡大が小康状態になった時期にボランティアの受け入れを再開したにもかかわらず、ボランティアがほとんど来なかったため、VCを継続して開けておくことが必要と考え、ボランティアセンターの運営を継続しているそうです。

被災から1年が経ちましたが、未だ復旧・復興へ向けた道半ば、というより、ようやくそれに向けて動き始めたという印象で、これからも継続した支援が必要と感じました。

期間中の他の活動については、次の投稿以降でお伝えしたいと思います。

チーム・ユニコンでは、引き続き自分たちにできることの一つとして医療用ガウン・フェイスシールド作成を継続していますが、7/22にも川崎市麻生区にて作成会を実施致しました。
今回は14名の方にご参加頂き、ご自宅等で作成頂いた分を合わせて、合計95着を作成することができました!
(作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。)

今回は特に初参加の方が多く、医療用ガウン作成作業に興味を持って頂ける方が増えてきていることがうれしいなと感じます。
楽しく活動できたとの感想も頂けたこともうれしいですし、特にたくさんの若い方に活動に興味にもっていただき、参加していただけたことに勇気づけられました。
これをきっかけに、医療用ガウン作成はもちろん、他のいろいろなボランティア活動にも興味を持って、参加して頂けるとうれしいなと思います。


医療・保険機関や介護事業者の皆さまに加えて、水害等で被災した地域でも必要となる可能性を考え、医療用ガウン作成は今後も継続していきたいと考えていますが、感染状況を踏まえ、次回の作成会はしばらく時間を空けての開催となると思います。
本活動にご興味がございましたら、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)を通じてご連絡ください。次回の予定が決まり次第、日程をお知らせ致します。
作成会での活動時間は9:00-16:00ですが、ご都合に合わせて、午前中のみ、午後のみ、〇時から〇時までという形での途中参加も可能です。

なお、チーム・ユニコンでは、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら医療用ガウン作成作業を継続しており、完成したガウンは医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

前回の投稿から時間が空いてしまいましたが、その間に、残念ながら全国各地で豪雨による大きな災害が起きてしまいました。
お亡くなりになった方々へお悔やみを申し上げるとともに、これ以上被害が大きくならないことをお祈りいたします。
チーム・ユニコンとしても、自分達に何が出来るのか、どのような支援ができるのか、現地の様子を探りつつ考えていきます。

自分たちに出来ることの一つとして、医療用ガウン・フェイスシールド作成は継続していく予定です。
6/19、7/4にも川崎市で作成会を実施いたしました。
6/19には10人の方にご参加頂き54着を、7/4には12名の方にご参加頂き81着を作成し、この間にご自宅等で作成頂いた分を合わせて、合計308着を作成することが出来ました!
(作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。)
初めて参加される方も多く、本活動に興味を持って頂ける方が多いこと、また、その中からリピーターになって頂ける方がいらっしゃることで、ますますうれしく感じています!


東京都に4度目の緊急事態宣言が発令されてしまいましたが、今後、医療・保険機関や介護事業者の皆さまに加えて、今回被災した地域の避難所等でも必要となる可能性を考え、医療用ガウン作成は今後も継続していきたいと考えています。
作成会での活動時間は9:00-16:00ですが、ご都合に合わせて、午前中のみ、午後のみ、〇時から〇時までという形での途中参加も可能です。
ご興味がございましたら、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)を通じてご連絡ください。

なお、チーム・ユニコンでは、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら医療用ガウン作成作業を継続しており、完成したガウンは医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

今回、これまで実施してきた作成会にご参加頂いた方からのご縁で、川崎市立川崎高校のグローカル部の皆さまと作成会を実施することができました。
先生を含めて13名の方にご参加頂いています。
(作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。)

初めて作成される方が殆どだったので、活動の目的と作り方の説明から開始しました。

一度作り方のお手本を見せた後、皆さん自身での作成作業に移りましたが、はじめてガウンを作ったとは思えないほど、あっという間に作り方を覚えて頂き、丁寧にガウンを作って頂きました。
今回は短い作成時間となってしまいましたが、その中で7着を作成致しました。

是非また作成したい、というお話も頂いており、医療用ガウン作成の輪が広がったように感じ、大変嬉しく思っています。

 

チーム・ユニコンでは、通常の作成会の他にも、今回の活動のような現地に伺っての作成会も実施できます。
このような活動を通じ、少しでも多くの方に医療用ガウン作成について知って頂き、作成に関わって頂けたらなと思います。
ご興味がございましたら、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)を通じてご連絡ください。

なお、チーム・ユニコンでは、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら医療用ガウン作成作業を継続しており、完成したガウンは医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

前回から少し間が空いてしまいました。
その間にも新型コロナウィルスの感染は拡大していますが、一方で、日本各地で大雨が降る等、災害はコロナウィルスの収束を待ってくれないことを実感し、どのように向かい合っていくべきか、考えていかないといけないと感じています。

そんな中、NHKで「おかえりモネ」が始まりました。
震災以降、何度も訪れた気仙沼が舞台ということで、ドラマの中で現地の景色が出てきたりするので、非常に楽しみにしています。
コロナが収まったらまた気仙沼に行きたいなと改めて思いますし、このドラマを見て少しでも気仙沼を訪れる人が増えると良いなと思います。

さて、前回に引き続き、医療用ガウン作成ボランティアについての投稿です。
チーム・ユニコンでは医療用ガウン作成ボランティア作業を継続して行っております。
この作業は、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら実施しております。
完成したガウンは、医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

非常事態宣言・まん延防止等重点措置が発令され、なかなか実開催での作成会の開催が難しい状況とはなっていますが、一方で変異型を含めた新型コロナウィルスの感染拡大は進んでおり、それらに対して我々にできることを少しでも進めていければ、という想いから、5/22にも川崎市幸区にて作成会を開催し、9名の方にご参加頂きました。
今回の作成会での作成分、それまでに在宅で作成頂いた分を含めて計71着を作成致しました!
(作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。)

また、これまでご自宅などで作成頂いたものの検品作業も併せて行っております(大分溜まってきましたが、こつこつ進めていきたいと思います)。
検品作業も順次進めていって、できるだけ早く必要とされている方々にガウンを届けたいと思います。

新型コロナウイルスの収束は見えず、感染が再拡大している地域も増えており、介護事業に携わる事業所様からも大量の医療用ガウン、フェイスガードのリクエストが入っております。
我々としても、このような活動を続けることで少しでも貢献していければと考え、引き続き医療用ガウン作成を継続していく予定です。
とはいえ、現状の感染状況を踏まえて、作成会の頻度を減らし、在宅での作成を主に進めて行くことを考えております。

次回の開催については感染の拡大状況や緊急事態宣言の状況等を踏まえて判断することになります。
詳細が決まり次第、このブログで日程をお知らせしたいと思います。
ご興味、お時間がございましたら、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)から申し込みの上、是非お気軽にご参加くだされば幸いです。

昨日も東北で大きな地震がありました。
被害ができるだけ小さいことをお祈り致します。
ここ最近、毎月のように大きな地震が起きています。日頃から備えておくことが大事だなと思います。

さて、前回に引き続き、医療用ガウン作成ボランティアについての投稿です。
チーム・ユニコンでは医療用ガウン作成ボランティア作業を継続して行っております。
この作業は、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら実施しております。
完成したガウンは、医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

4/25にも川崎市幸区にて作成会を開催し、8名の方にご参加頂き計39着を作成致しました!
(作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。)
また、これまでご自宅などで製作して頂きました253着の検品作業も併せて行っております。
検品作業も順次進めていって、できるだけ早く必要とされている方々にガウンを届けたいと思います。

新型コロナウイルスの収束は見えず、感染が再拡大している地域も増えています。
我々としても、このような活動を続けることで少しでも貢献していければと考え、引き続き医療用ガウン作成を継続していく予定です。
とはいえ、緊急事態宣言が東京都に発令されている中、作成会の開催は難しいと判断し、ステイホームのGW中は在宅での作成を進めて行くことを考えております。

次回の開催については感染の拡大状況や緊急事態宣言の状況等を踏まえて判断することになります。
詳細が決まり次第、このブログで日程をお知らせしたいと思います。
ご興味、お時間がございましたら、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)から申し込みの上、是非お気軽にご参加くだされば幸いです。

少し投稿に間が空いてしまいました。
その間に、まだ4月だというのにすっかり暖かく(暑く?)なり、びっくりしている今日この頃です。

さて、前回に引き続き、医療用ガウン作成ボランティアについての投稿です。
チーム・ユニコンでは医療用ガウン作成ボランティア作業を継続して行っております。
この作業は、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら実施しております。
完成したガウンは、医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

4/11にも川崎市溝の口にて作成会を開催し、7名の方にご参加頂き計60着を作成致しました!
(作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。)
初めて参加の方も4名いらっしゃいましたが、作り慣れている方々からの指導を受けて、皆さんすぐに作り方を覚えて量産体制に入って頂くことができました。
だんだんうまく作業ができるようになって楽しくなった、と言って頂けたりもして、こちらとしても嬉しかったです。

新型コロナウイルスの収束は見えず、感染が再拡大している地域も増えています。感染が増えている変異株に対してはガウンを二重にして臨むなど、今後ますます医療用ガウンの需要が高まっていくことが予想されます。
我々としても、このような活動を続けることで少しでも貢献していければと考え、引き続き医療用ガウン作成会を実施していく予定です。
次回の作成会は4/25を予定しております(但し、感染拡大の状況を受けて、変更となる可能性があります)。
活動時間は9:00-16:00ですが、ご都合に合わせて、午前中のみ、午後のみ、〇時から〇時までという形での途中参加も可能です。
参加を希望される方は、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)にご入力頂ければ、詳細をご連絡いたします。
ご興味、お時間がございましたら是非お気軽にご参加くだされば幸いです。