ボランティア受付再開

2019年10月5日(土)。

前日の豪雨により、この土曜日が新たなVCでのボランティアさんの受け入れ再開の日となりました。

土日は平日より受付時間が早くなります。早朝にスタッフが集合し朝礼が行われます。

各担当からの連絡をし、業務のスタートとなります。

全国各地から鋸南町へいらしたプロボノさんが、屋根のブルーシート貼りや補修等の高所作業や、倒木伐採等のチェーンソー作業に入られます。

一般のボランティアの皆さんも、被災物撤去等の作業をされます。

 

ボランティア受付の流れ

まずボランティアさんが来所されると、ボランティア作業の全体的な説明があり、次に作業のマッチングが行われます。そして地図にて現場を確認し、必要な道具や機材とともに現場へ向かいます。

VCには水や清涼飲料水、パンやカップめん等もあり、自由に利用していただいています。

お昼の休憩時にセンターに戻られ食事をされる方もおられます。

午後の作業を終えられたプロボノさんやボランティアさんが作業終了の報告をされます。

案件がこの日で完了したか、それともまだ残っているかの連絡を受けます。

 

全国各地からの支援

プロボノさんは、佐賀県の被災地と千葉を掛け持ちされている方もおられます。

ご自身の仕事の合間に千葉へ来られ作業をされる方も多く、ありがたいですし、本当に頭が下がります。

皆さんお一人お一人の善意が大きな力となり、被災地が復興に向けて進んでいきます。

VCでそれを肌身に感じながら過ごしています。

(つづきます。)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です