ユニコン広報の大塚です。

7/4(土)の熊本南部豪雨により一級河川の球磨川が氾濫し、水画により多くの犠牲者が出ました。そして多くの家屋が浸水や土砂崩れによる被害に遭いました。

チーム・ユニコンではこの度、熊本地震でのボランティアの際にお世話になった「熊本チーム×め組JAPAN」と連携を取りつつ、被災地支援を実施することとなりました。

ただ、新型コロナウイルス感染拡大防止の意味でも、県をまたいでの直接支援は当分難しい状況が続くと判断されます。

そこで、コロナ禍での被災での活動で欠かせないフェイスシールドを、3Dプリンターで作成し、被災地に送るという活動を始めます。

他にも遠隔地からリモートで援助できることを探りながら、この活動を継続して行きたいと考えております。

 

詳細はチーム・ユニコンのサイトをご覧下さい。

ユニコンのサイトは→コチラ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です