広報の大塚です。

ユニコンは現在、広がるコロナ禍に伴い、被災地を含む医療現場へ向けての医療資材の作成の活動を行っています。

8月15日(土)、NPO法人MAKE HAPPY(め組JAPAN)の方のご協力を得て、ポリ袋を利用した医療用ガウンフェイスシールド作りのボランティア作業を世田谷区にて実施しました。

朝9時より夕方6時過ぎまで、17名の皆さまのご協力で、計86枚のガウンが完成いたしました。

 

個人的なことですが、私は職業柄(介護職)医療用ガウンを使用してきたため、この簡易ガウンのアイデア、そしてガウンの機能性は本当に素晴らしいと感じました。

 

このガウンはポリ袋2枚養生テープが使われています。

二人一組のペアで作りました。最初は一着仕上げるのに15分くらいかかるでしょうか。慣れてくると徐々にスピーディーになってきます。

 

このボランティア作業は、隔週の土曜日の実施を予定しています。

フルタイムのご参加でなくても、本当に少し時間が空いたときなどでも結構です。

皆さまのお力をいただければ幸いです。

ご興味ある方は是非ご一考ください。

 

以下の写真は、ボランティアの皆さんによる、ガウン作成の様子です。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です