8/4(日)。午前中は一景島神社で草むしりの作業をしました。

 一景島神社は、おそらく鳥居と神社内の岩や狛犬以外の全てのものが流されました。そして4年前に植樹祭を行い、その際にもユニオンが参加しました。震災後の盛土の関係で、周囲の道路より神社が低い位置にあります。周囲の住居やホテル等も同様に、かつての一階部分が半地下のような状態になっています。作業前に気温を心配していたのですが、この日の午前中は曇りだったので、幸いにも涼しく作業を進めることができました。自分にとっては、身体を壊してから初の作業。草むしりとはいえどうなるだろうかと思っていましたが、マイペースながら何とか三時間続けられました。四年前に植樹するまで何も生えていなかった神社の境内は、雑草が生い茂っています。新たに建てられた本堂の周りを中心に、二人でできる範囲の広さではありますが、少し綺麗にすることができました。一旦袋に詰められた草は、境内の奥に撒き、土に還るのを待ちます。

 休憩を取りながら、水分を採りながらですが、やはり汗をかきました。ボランティアを始めてから8年の月日とともに自分の現在の体力のなさを痛感しました。作業前と作業後の写真をUPします。境内の向かって右手が三城さんの担当エリア、僕は向かって左手のエリアです。僕の方は雑ですが、一人で三時間だとこれが今の僕の実力です。でもやはり作業の後には達成感があります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です