緊急事態宣言も明け、コロナの感染拡大も小康状態となったことを受け、10/3に川崎市高津区にて医療用ガウン作成会を実施致しました。
今回は18名の方にご参加頂き、ご自宅等で作成頂いた分を合わせて、合計142着を作成することができました!
併せて、これまで作成頂いた分の検品作業も順次進めて行っています。

作成会の開催にあたっては、JVOADのガイドラインに従い、検温・手洗い・アルコール消毒等の感染予防を徹底しております。
さらに今回も、手洗い指導や二重マスクの装着等、一層の対策を行った上で活動しております。

今回も沢山の方にご参加頂いたおかげで、楽しくガウンを作ることができました。
リピーターの方が、新たに参加される方を連れてきて頂いたりすることで、ガウン作りの輪がどんどん広がっているように感じます。
さらに、今回は一部で英語が飛び交うようなグループもあったりして、diversityも進んできたように思います。ですので、今回は英語でのガウン作り方の説明にもチャレンジしてみました(改善の余地は大いにありましたが…)。
こうやって、どんどんいろいろな方に本活動を知って頂き、参加して頂けると嬉しいなと思います。

医療・保険機関や介護事業者の皆さまに加えて、水害等で被災した地域でも必要となる可能性を考え、自分たちにできることとして、医療用ガウン作成は今後も継続していきたいと考えています。
次回の活動は、10月16日を予定しております。
本活動にご興味がございましたら、ボランティア活動申し込みフォーム(ここをクリックしてください)を通じてご連絡ください。
作成会での活動時間は9:00-16:00ですが、ご都合に合わせて、午前中のみ、午後のみ、〇時から〇時までという形での途中参加も可能です。

なお、チーム・ユニコンでは、NPO法人MAKE HAPPYさんと連携を取りながら医療用ガウン作成作業を継続しており、完成したガウンは医療・保険機関や介護事業者の皆さまへお送りしております。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です