広報の大塚です。台風15号被害による神奈川県川崎市の災害ボランティア作業にご参加いただいた方の感想をアップさせていただきます。
この感想を読ませていただいて思い出したことがあります。阪神淡路大震災の時に何もできずに東京から忸怩たる思いでいた自分でしたが、東日本大震災直後に行動を起こしたユニオン号による災害ボランティアに触発され、初めてボランティア作業に参加したのが8年前でした。そしてそれが現在につながっています。

◎先日の台風で深刻な被害を受けた武蔵小杉地区にボランティア活動に行ってきました。
善い行い/人助け に ただガムシャラに取り組むというのはこの上なく清々しく(日頃の反動w)、労働の悦び・根源を改めて認識する貴重な機会となりました。
具体的には、災害に遭われた方で助けを求めてらっしゃる方のご自宅に伺い、床下の泥を掻き出したり、消毒殺菌を行ったり、という作業を行ったものです。
正直そんなに難しい作業でもなく、体力さえあれば初心者にも可能な作業ですが、なかなかその気持ちはあっても行動するきっかけがないとか、どうすればボランティア参加できるのかを知らない人が多いのではないかと思いました。
世の中みんな助け合いで生きているので、自分が助けることができる立場の時はできるだけ行動しなきゃと改めて思いました。

「初心者大歓迎!」
「無理なく自分にできることを!」

皆さんも是非!

また機会を作って参加させてもらいたいと思っております。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です