今月訪れた「高田松原津波復興祈念公園」内には「東日本大震災津波伝承館 いわてTSUNAMI(つなみ)メモリアル」の他に、地元の食材を使用したレストランが2件とカフェが1件、そして地元の物産を販売する道の駅が隣接しています。

レストランは「たかたのごはん」と「まつばら食堂」。
僕は「たかたのごはん」で、いくらとめかぶと牡蠣のどんぶりを注文しました。
いくらは大粒で歯ごたえもしっかりしていて、量もとても多く、満足しきりでした。

道の駅では、陸前高田のくまがいほるもんのみそ味と、鰤の生姜煮、そして、とろろや地酒を購入しました。
さすが道の駅。お土産物が何でも揃っています。

少し時間があったので、すなば珈琲で熱々のホットコーヒーを飲みました。

陸前高田行きの目的は伝承館の見学だったので、まさか食事や買い物ができるとは思っていませんでした。
三陸方面にお越しの際には是非、伝承館ともども訪れていただきたい場所です。

帰京後、ホルモンはもやしと一緒に炒めましたが、地酒のおともに最高でした。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です