広報の大塚です。

チーム・ユニコンが初めてプロデュースする舞台「エール!」は、被災地の避難所となった学校を舞台とした作品です。

この舞台は、舞台や映像で活躍をされる俳優、近江谷太朗さんのプロデュース「yataPro」の2回目の作品として、2017年に上演され、千名を超える観客動員となりました。

脚本、演出は、劇団東京フェスティバルのきたむらけんじさんです。

この作品が素晴らしいと、三城さんから勧められ拝見しました。きたむらさんの世界を魅力ある俳優陣が共に創り上げ、本当に良い作品だと感じました。

そして、この作品が再び甦るということと、その作品にプロデュースという形で関わるユニコンの一員であることを、演劇に長年携わってきた身として、個人的にとても嬉しく思っています。

今回も本当に良い俳優さん方に集まっていただきました。今回の公演の趣旨にご賛同くださり、本当に感謝しております。

何ができるか本当にまだ分からず、微力ではありますが、自分もこの公演を支えるメンバーの一員として、携わっていきたいと思っております。

中野テアトルBONBONは、どのお席からでも見やすく、舞台の臨場感が伝わる素晴らしい劇場です。

全席指定席にてお席のご予約も始まっております。→ご予約はコチラ

どうぞよろしくお願いいたします。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です